電話や服装のマナーは大丈夫?

アルバイトに応募する場合、応募の電話を掛ける段階から選考は始まっていると言えるでしょう。
そのため、電話をする前に十分な準備をしておく事が必要です。
応募の電話の段階で担当者に良い印象を持ってもらうことが出来れば、本番の面接も順調に進むことがほとんどだと言えます。
まずは応募の電話を掛ける前にいくつか準備をしておく事が大切です。
例えば、求人誌を見ただけではわからない内容について質問があればメモに記入しておいたり、面接の日程を記入するための筆記用具などをあらかじめ手元に置いておくことを忘れてはなりません。
また、電話をかける場所にも注意が必要で、周囲の騒音の少ない場所や、電波の途切れにくい場所から連絡する事がマナーです。
そして、相手先の企業がそれほど忙しくないと思われる時間帯を選んで応募の電話をする事が、最低限のマナーだと言えます。
電話ではまず自分の名前を名乗り、採用担当者の方に電話を代わってもらう事になります。
誰が最初に電話に出たとしても、元気良くハキハキとした声で話すようにすると相手からの印象も良くなるのです。
そしていよいよ面接の日程を決める段階では、相手先の会社に日程を提案してもらう事が大切です。
会社によっては特に忙しい曜日や時間があるため、お互いにじっくりと話をする事の出来る時間を設定して貰う事によって、中身のある面接にする事が可能になります。
また、面接時の服装は「アルバイトだから何でもいいや」という考えはNGです。
そのアルバイト先に合った服装で行く事がベストです。
例えば、飲食店なら襟が付いた清潔感のあるシャツを身につけ、デスクワークならスーツがベストです。
このようなマナーは、どこの職場に行っても必要になるので応募する前に自分自身をチェックしてみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です