アルバイト先で注意された時には

多くの人が初めてアルバイトを経験するのが、大学生などの学生時代です。
今まで働いたことがない学生にとって、アルバイトをするということは、社会に出て働くという初めての経験になります。
ですが、バイト先で上司にマナーなどを注意された場合、注意されたことにイラッときてしまい、すぐに辞めてしまう方も中にはいます。
今まで親以外の人に怒られた経験がなかった人にとっては、親以外の人に怒られた初めての経験で怒りが抑えきれなくなってしまい、感情に身を任せてそのままやめてしまうということもあります。
ですが、アルバイトをすぐに辞めてしまうという事は、自分のために良い事ではないのです。
確かに、よく自分の事を知りもしないに人に怒られる事は、気持ちのよい事ではありません。
ですが、マナーというものを自分が良くなかったのも事実で、相手はただ怒っているのではなく、自分のことを思って注意してくれているということを理解しておくことが大切です。
注意されるという事は、今後が期待されているという事でもあります。
今後バイトとして貴重な戦力になってほしいと思っているからこそ、注意をして伸ばそうと思ってもらえるのです。
相手に怒られることは気持ちのいいことではありませんが、怒られて自分の感情に流されてしまうだけだと自分のためにはなりません。
注意されてイラッとしたとしても、自分の成長のためだと我慢して、次の成功につなげていけるように努力することで、自分の成長につながるでしょ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です